無料ブログはココログ

« 五井野正博士のことを知ってください! | トップページ | 「神との対話」 »

2014年6月12日 (木)

「アメリカ殺しの超発想」と「神との対話」

このブログを長期間放置していたのは、火災に遭ったのが主な原因です。
流浪の民のような生活が続き、ようやく復興は一段落しましたが、
過去の内容と一変したブログを書き始めたのは、
これまでに書いた理由の他に、日本の政治があります。

民主党政権を存続させることができず、安倍連立政権の誕生と暴走を許した日本に向けて、
これまでのような情報発信を継続していくことが、無意味に思えてもきたからです。

そして、前回書いたように、五井野正博士を長年妨害してきただけでなく、
命すら狙ったような宗教団体が、政治の中枢にいるのです。
いったいこのような状況を、どうやって改革できるというのでしょうか。

実は、私は五井野博士のことを知る以前、
アメリカ殺しの超発想」という本を読んで、
フランス国会からカルト認定された宗教団体の名誉会長が、
ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りに協力していたことを知りました。

それだけに、博士に対する様々な妨害工作のことを読んだ時、
彼らならやりかねないという思いが強まったのです。

昨年、五井野博士のことを知り執筆記事を読み始めたころ、
「神との対話」(全3巻)との出会いがあり、並行して読みました。

五井野博士は、「一念三千論」で、生命とは何であるか、仏教の本質を説いています。

また、「神との対話」の神も、何度も宗教について語っています。
日本の宗教団体だけでなく、世界中の宗教の授業でも、是非読んでほしいと思います。

この両者に同時期に出会ったことに、何か特別な意味があったような気がしています。
なお、「神との対話」の著者は、以後何冊も姉妹編を出版しているようで、
ドイツ語なら5冊分ダウンロードして読めますよ。

« 五井野正博士のことを知ってください! | トップページ | 「神との対話」 »

五井野正博士」カテゴリの記事

政治・人権」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 五井野正博士のことを知ってください! | トップページ | 「神との対話」 »