無料ブログはココログ

« 要請文「原発運転再開は国会の事故調の結果を待つべき」に署名した議員は誰? | トップページ | 大飯原発の再稼動に反対している議員は誰? »

2012年2月27日 (月)

民主党の「原子力バックエンド問題勉強会」役員一覧

民主党の「原子力バックエンド問題勉強会」のHP
是非ご覧いただきたい!

原発推進派=野田内閣は、犯罪的な原子力ムラの改革どころか、非人道的な原発震災政策を進めている。

その同じ民主党の馬淵澄夫議員のブログにこうある。

バックエンド問題は、国会議員で唯一、収束にほど遠い発災か
ら3カ月の段階で原子炉建屋に入った人間として、放置できな
い課題だという強い想いが僕を突き動かした。
この問題に向き合う、覚悟と使命を僕は持つ。

馬淵議員をはじめ、この勉強会に名を連ねている良識ある国会議員が民主党にいることが、政権交代させた有権者のわずかな救いと思って、応援しよう。

その一方で、この勉強会が第一次提言を提出した以下の6名がこれからどのように反応するか。原子力ムラの広告料に頼る大手メディアは報道しないと思うので、しっかりと監視しなければならない。

枝野経済産業大臣
古川内閣府特命担当大臣
前原政調会長
細野環境大臣

平野文部科学大臣

藤村修官房長官

ここには、勉強会の設立趣旨と役員リストのみ転載する。

 

【設立趣旨】
福島原発事故は、放射能という目に見えない脅威を生み出す原発事故の恐ろしさを明らかにした。しかし、原子力発電所は、事故がなくても、使用済核燃料とい う廃棄物を生み出す。使用済核燃料は、プルトニウムを含む高レベル放射能廃棄物である。この使用済核燃料の扱いをどうするかが原子力のバックエンド問題で ある。
自民党政権下においては、この使用済核燃料を「リサイクル」するという核燃料サイクル路線を突っ走ってきた。その結果が、高速増殖炉「もんじゅ」であり、 六ヶ所の再処理工場である。しかし、そのいずれもが膨大な税金や電気料金が投入されてきているにもかかわらず、計画とはほど遠い現状である。
エネルギー政策をゼロから見直さなければならない今こそ、この原子力のバックエンド問題についても、政治が面と向き合い、あるべき方策を検討すべきである。

                                                                                                                                     
 

顧問

 
 

鳩山由紀夫

 
 

/北海道9

 
 

Homepage

 
 

鉢呂吉雄

 
 

/北海道4

 
 

Homepage

 
 

会長

 
 

馬淵澄夫

 
 

/奈良1

 
 

Homepage

 
 

副会長

 
 

藤本祐司

 
 

/静岡

 
 

Homepage

 
 

谷岡郁子

 
 

/愛知

 
 

Homepage

 
 

鷲尾英一郎

 
 

/新潟2

 
 

Homepage

 
 

幹事

 
 

有田芳生

 
 

/比例代表

 
 

Homepage

 
 

大野元裕

 
 

/埼玉

 
 

Homepage

 
 

阿知波吉信

 
 

/岐阜5

 
 

Homepage

 
 

高野 守

 
 

/茨城4 比例北関東

 
 

Homepage

 
 

近藤和也

 
 

/石川3

 
 

Homepage

 
 

櫛渕万里

 
 

/東京23

 
 

Homepage

 
 

平 智之

 
 

/京都1

 
 

Homepage

 
 

小室寿明

 
 

/島根1 比例中国

 
 

Homepage

 
 

高橋英行

 
 

/愛媛4 比例四国

 
 

Homepage

 
 

事務局長

 
 

石井登志郎

 
 

/兵庫7

 
 

Homepage

 
 

事務局次長

 
 

長尾 敬

 
 

/大阪14

 
 

Homepage

 
 

花咲宏基

 
 

/岡山5 比例中国

 
 

Homepage

 
 

事務局

 
 

村田信之

 
 

 

 
 

 

 
 

渡辺

 
 

 

 
 

 

 

 

« 要請文「原発運転再開は国会の事故調の結果を待つべき」に署名した議員は誰? | トップページ | 大飯原発の再稼動に反対している議員は誰? »

次回選挙で議員仕分けのため!」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。