無料ブログはココログ

« 気候サミットCOP15各国代表声明  -第4弾 | トップページ | コペンハーゲンCOP15各国の声明  -雑感 »

2009年12月23日 (水)

気候サミットCOP15各国代表の声明  -最終弾

斉藤賢爾氏(Webhttp://www.accianco.jp/)がコペンハーゲンからTwitterで実況翻訳してくださったCOP15での各国代表の声明最終弾です。斉藤氏は、翻訳の正しさは保証していないという但し書き付で転載を快諾してくださいましたので、改めて御礼を申し上げます。
斉藤氏がコペンハーゲンから帰国後に補足された、実況できなかった声明も転載したつもりですが、もし不備があれば私の手落ちですので、何卒ご容赦ください。

(以下順不同)
クック諸島首相 Mr. Jim Marurai
「キュラ、と我々の言葉で挨拶させてください。みなさんが生き続けられますように、という意味です。グレナダの声明を支持します。この会議は、クック諸島の人々にとって、希望を表します。土地を失い、生活と文化、そしてアイデンティティを失っている人々がいます。その問題自体には貢献していなくても、被害を被っています。その科学は明確です。今こそが、真剣な行動のための時です。我々の生存の権利を尊重してください。法的拘束力のある合意を望みます。排出を削減し、適応の支援をするという合意です。我々が失うものは大きく、倫理的に受け入れられないものですし、不正義です。希望を、確定に変えましょう」

ジボチ首相 M. Dileita Mohamed Dileita
「アフリカが特に脅威に晒されています。我々の開発の努力に、1,000年の計画に立ちはだかるものです。干ばつと洪水が多くの人々とインフラストラクチャに被害を与えています。問題は、水が少なくなり、より塩分が濃くなるということです。すべての国々が、程度の差こそあれ、気候変動の被害を受けます。リーダーたちは、その事実を認めなければなりません。今こそが、行動の時です。こどもたちと孫に、持続可能な環境を渡しましょう。コペンハーゲンが実際に HOPENHAGEN であることを願います。適応がわが国の緊急の課題です。技術的資金的リソースの不足により、それがうまく進んでいません。長期的な適応ができるように支援を。特にアフリカの国々に、最も発展途上な国々に、注意を向ける必要があります。バランスのとれた合意を。京都議定書の維持を支持します。そこに先進国のさらなるコミットメントを加えてください」

ニウエ首長 Mr. Toke T. Talagi
AOSIS にわが国の立脚点があります。不確定さと恐れがあります。それに乗じて世界的な不協を煽る動きもあります。それはよいことではありません。この立場に、この時に置かれていることは、不利なことです。時間は限られています。気候変動が、リーダーにとって最悪のときか。あるいは、最高のときかも知れません。惑星のためのベストな合意を得ることができるかも知れません。そのための歴史的な決断を下せるのです。懐疑は、この時点では誰も望んでいません。地球が、そのアジェンダに従って、存在し続けられるように。地球自体は、我々の行動に適応していくでしょう。我々の強欲が、持続的でない開発を正当化しており、そのことに、地球は適応しているのです。我々は、起こるべきして起こることを加速しているだけなのかも知れません。洪水と、海面の上昇、サイクロン、山火事。気候は変化し続け、一方、我々は何も変わっていないかのようです。責任ある、意味ある行動を。語るだけではなく、行動です。意味ある行動を起こせないと考えている人たちに、あなたたちは間違っていると伝えましょう。私たちのこどもたちが、過去を振り返り、私たちが正しい選択をしたと思えるように。2020年までに、1.5 以下の気温上昇を実現できるようにしましょう。再生可能エネルギーに転換していきましょう。目的を見失わないように、合意を法的拘束力のあるものにしましょう」

エジプト外務相 Mr. Ahmed Aboulgheit
「途上国が、責任ある先進国の支援により気候変動の悪影響を緩和できるように。成功は、公正でバランスのあり野心的な合意を得られるかどうかに掛かっています。共通の、しかし差のある責任に基づいてです。行動と言動が一致することです。先進国が京都議定書の第2コミットメント期間において、排出の削減に具体的目標を持つことです。途上国が自発的に緩和策を登録できるようにすることです。わが国は再生可能エネルギーへの転換を図り、2020年までにエネルギー消費の 20% を転換します。

ボツワナ環境および野性生物と観光大臣 Mr. Onkokame Kitso Mokaila
「わが国は温暖化と気候変動の影響を受けています。干ばつがより頻繁に起き、ひどくなっています。健康、水、観光、インフラストラクチャへの影響を計測する必要があります。健康に関しては、マラリアの蔓延があります。適応していかなければなりませんが、持続的な新しい (付け替えでない) 資金が必要です。わが国は京都議定書には含まれていませんが、低炭素社会への移行を図ります。2 の気温上昇でどのような影響があるか。先進国にはよく検討して頂きたい」

カタール環境大臣 Mr. Abdullah ben Mubarak Al-Maadhadi
「温暖化と気候変動に対しては緊急の対策が必要です。わが国は環境保護の国際的な協調に参加します。特に途上国の支援が必要であり、枠組み協定と京都議定書での完全なコミットメントを期待します。再生可能エネルギー、特に太陽光に期待しています。産業と研究に力を入れています。生産と消費の効率化に努めています。日本とも協力しています。COP18 をホストする公式な提案を行いました

スリランカ環境および自然資源大臣 Mr. Patali Champika Ranawaka
「南アジア地域の、アフガニスタン、ブータン、バングラデシュ等と協調しています。島々は海面上昇の危険に晒されており、山々と河川も水の危険に晒されています。ヨーロッパは野心的な排出削減を行うべきでしょう。スリランカは海面上昇とサイクロンに悩まされています。洪水と干ばつにもです。2,500年の間、持続的に続いてきた文明がありますが、今、危険に晒されているのです。わが国ではグリーンランカ・プロジェクトにより持続可能性への道を歩んでいます。資金援助が必要です。協定と京都議定書の長期的なゴールが満たされますように。

ウガンダ治水および環境大臣 Ms. Maria Mutagamba
「途上国の未来は、ここでの決断に懸かっています。気候変動は、リアルであり、予測よりも早いペースで起きています。科学は、決定的な行動が数年でも遅延すれば、長期的な適応に大きな影響が出てくると予測しています。ここ、コペンハーゲンで歴史的な、確定的な行動を起こす必要があります。それにより、私たちの未来の世代の生存が可能になるのです。明日ではなく、今日が、行動を起こすときなのです。世界が、私たちの行動を目撃できるようにしましょう。アフリカは、大きな経済的影響を受けています。何十億ドルにも値する損害が既に出ています。ひどい水不足が起きています。ウガンダでもです。だからコペンハーゲンに来て、長期的な協調行動に参加しに来たのです。技術の発展と移転が必要です。デジタル技術の発展からも学び、国際的な協調、政府、NGO等が一丸となって、適応を進める必要があります」

インド環境および森林大臣 Mr. Jairam Ramesh
「マハトマ・ガンジーの教えは今でも我々を導いています。わが国では、8つの項目と24のイニシアティブからなる国家計画により、気候変動に対する対策を行っています。それは太陽光発電や高山における適応計画を含みます。気候変動に係わる観測ネットワークも持っており、2011年には独自に打ち上げる人工衛星による観測を始めます。わが国は CDM の大きな担い手であり、すべてのプロジェクトが認められるのなら、京都議定書のゴールを達成できます。わが国のガバナンスは環境を強く意識しており、NGO やメディアの監視の下で政策を実施しています。インディラ・ガンジーは 37年前、ストックホルムで演説をしました。その実現に今、我々は向かっており、常にその努力を続けます」

ソロモン諸島環境、保護および気象大臣 Mr. Gordon Darcy Lilo
「グレナダ、レソト、スーダンの声明を支持します。我々、AOSIS そして最も発展途上な国々にとって、コペンハーゲンでの決定が未来を決めます。先進国の歴史的な責任が倫理的にも問われることが、この枠組みでは公式に述べられています。気候変動は、国境を知りません。国々の協調の中に、弱い繋がりを作ることはできないのです。1.5 よりもずっと低い気温上昇に抑えましょう。勇気ある行動を。生存は交渉の対象ではありません」

ペルー環境大臣 Mr. Antonio Brack
「気候変動への対策に関する合意は、もはや遅らせることはできません。わが国でも、経済、健康、食料セキュリティに大きな影響が生まれます。わが国は気候変動の悪影響に対して脆弱です。弱い合意では納得できない。2020年までに 45%2050年までに 95% の削減にコミットしなければなりません。わが国のような途上国は、2050年までに 40% の削減を努力すべきでしょう。COP14 で、わが国は 2020年までに森林縮小をゼロにする宣言をしました。そのための独自の基金を作り、また、国際的にも協調しています。わが国は、これらの活動により、この問題に取り組む決意を見せているといえるでしょう。他国もぜひ、続いてください」

シエラレオネ エネルギーと水資源大臣 Mr. Ogunlade Robert Davidson
「嵐、洪水、干ばつに悩まされています。マラリア、コレラ等の病気、海岸線の侵食にもです。早期警告に反応できるシステムが必要です。再生可能エネルギーへの転換も始まっています。炭素シンクとしての森林の保護にも自発的にあたっています。2 以下、できれば 1.5 以下の気温上昇に抑えましょう。CDM と京都議定書を、それを必要としている人々にとってより反応のよいものにしましょう」

ウルグアイ住宅、土地計画および環境大臣 Mr. Carlos Colacce
「わが国は協定と京都議定書の目的を全面的に支持します。気候変動による悪影響の存在は、証明されています。日々、起きているからです。農業が特に影響を受けています。わが国の 70%以上の国民は海岸に住んでおり、影響を受けます。わが国の温室効果ガスの排出レベルはとても低いものですが、緩和策に自発的に取り組んでいます。エネルギー取得方法の転換。6% の電気はすでに再生可能エネルギーに依ります。アメリカ大陸で最も高い割合です。経済的影響の調査も完了しました。我々の経済的状況では最大の努力を払っていますが、必要な資源と技術を得るためには国際的な協調が必要です。ここには、合意に来ています。政治的責任を、経済的責任を、環境的責任もそうですが、倫理的な責任を果たしましょう」

チュニジア環境および持続可能開発担当大臣 Mr. Nadhir Hamada
「農業と食料セキュリティに関わる取り組みをしています。20% のエネルギー節約。政府がこの問題にどれほど真剣に取り組んでいるかを示しています。もう待つことはできません。効果的な行動を始めるときです。みなさんに、特に途上国が貧困や飢餓による影響を最小化できるような合意への努力をお願いしたい。温室効果ガスの削減を約束する国際的な合意は難しいかも知れませんが、それができなければ、大変な悪影響があります。2020年までに 40%2050年までに 90% の削減が必要です。洪水、干ばつへの対策、飲料水の確保のためにそれが必要なのです」

ポーランド環境副大臣 Mr. Bernard Blaszczyk
200912月、コペンハーゲンのカウントダウン時計は、ゼロを刻みました。野心的な合意を。開会式で事務局長がクリスマスケーキに喩えたように、完遂しましょう。温室効果ガス削減の野心的なゴールが必要です。途上国にも緩和と適応の努力が必要です。先進国による援助も必要ですが、EU にはすでに公正な負担を行う準備ができています。世界のリーダーたちは、コペンハーゲンからお土産を持たずに帰ることはできません」

シリア環境問題大臣 Ms. Kaoukab Alsabah Daya
「わが国では、継続的な干ばつが、農業への深刻な影響を及ぼしています。ほとんどの都市が、水の不足に悩んでいます。イスラエルがコントロールしているからです。わが国は、パレスティナからの難民も多く抱えています。イスラエルが水をコントロールしていることで、脆弱性が増しています。わが国は、持続性のある開発と、国際的な正義の実行に努めています。公正で、野心的な、科学に基づき、共通のしかし差のある責任を全うするための法的に拘束力のある合意を望みます。それが透明なプロセスにより成されることを。適応資金を。特に、占領下にある地域への援助を願います」

パレスチナ首相 Mr. Salam Fayyad
「遅いですので、読み上げる声明は短くしますが、声明のすべての文章を記録に残してください。わが国は民主的なコミットメントを望んでいます。わが国にとって、気候変動は、大きな問題のうちのひとつです。占領下にあることで、困難さは増しています。水を含む自然資源が不足しています。家庭で、産業で、農耕で、水が不足しています。ガザは、その意味で特に脆弱です。海面上昇にも直面しています。食料セキュリティが危機に晒されています。イスラエルによる占領の影響のひとつでもあります。気候変動の問題への対策は国際的に優先順位の高いものです。わが国は国際的な貢献をしたい。しかし、現状、CDM への申請ができません。UNFCCC を平等なパートナーとして、取り組んでいきたい。自分たちと、未来の世代のための責任を果たすのです。どのコミュニティも取り残されてはいけません」

インドネシア大統領 Mr. Susilo B. Yudhoyono
100を越える国々のリーダーは、ここに失敗しに来たわけではありません。ここにはひとつのことをしに来ました。2010年に、法的な拘束力のある合意に署名する準備に来たのです。共通の、しかし差のある責任に基づいて。温暖化をスローダウンし、そして止めなければなりません。緩和や適応や技術移転の努力は、資金がなければ無意味です。それは、政治的な意志の問題でしかありません。科学は、先進国だけが対策するのでは間に合わないことを示唆しています。途上国もまた、努力する必要があります。途上国が参加しない限り、我々の戦いに勝利はあり得ません。わが国は、国際的なメカニズムにより、我々の取り組みを透明にして進めます。透明さを避ける理由はありません。途上国の森林保護は、この地球規模の問題を解くための鍵です。この意味で、資金は重要です。REDD+ が大切です。日本も含め、協調します。他の国々の参加を歓迎します。ドグマと対立の時期ではありません。解決の時期なのです。コペンハーゲンで締結しましょう」

ブルキナファソ大統領 Mr. Blaise Compaore
「バリで始まった 2年間の困難な交渉を通して、アフリカをはじめ、様々な国々の努力が実りつつあります。激しい気候、強風、干ばつ、2009年の9月にはひどい洪水がありました。暗い、気候上の未来の不安をかかえた我々には、気候の正義を貫く正当性があります。2020年までに 40% の削減、そして 1.5 以下の気温上昇をゴールとして提案します。台湾はこの試みに参加するべきでしょう。コンゴの森林は保護されなければなりません。サヴァンナの維持もです。この気候変動は持続可能な開発へと向かう機会です。すべての国々が参加すべきです。わが国も様々なパートナーシップによる努力を続けています。NAPAS を含めて。京都議定書の第2コミットメント期間を。コペンハーゲンは失敗してはいけません。歴史的責任のある工業国に訴えたい」

クエート首相 Sheikh Nasser Mohammed Al-Ahmad Al-Jaber Al-Sabah
「平和がみなさんの上にありますように。このレベルでの国際的な参加があることを嬉しく思います。我々の業は神の信用を失わせ、こどもたちが健康に育つをことを阻害しています。この会議で人類全体への幸福がもたらされる合意が達成できることを望みます。しかし、国際的な貿易に対して悪影響のないことを望みます。CCS (Carbon Capture and Storage) は、私たちの野心を実現するための道具となるでしょう。尊い目的を達成しましょう。わが国は排出の削減を望みますし、自発的に我々の能力に基づいて、石油の精製の向上などの努力を行っています。エネルギーの効率性を向上させる努力もあります。それにより石油の使用を少なくできます。代替エネルギーへの転換は、わが国にとっても最高の優先順位を持つものです。核エネルギーも代替エネルギーのひとつと考えています。世界の研究機関とともに研究を続けていきます。先進国には資金援助の拡大を望みます。この会議で合意される結論に関わらず、人類には困難が待ち受け、尊い目的を達成しなければなりません。わが国のセキュリティ、安全も守らなければなりません」

オーストラリア首相 Mr. Kevin M.Rudd
「この世紀の歴史が書かれるとき、この会議にはひとつの章が割り当てられるべきでしょう。国粋主義にとらわれていた過去を離れ、未来への共通の取り組みを始めるのです。この責任を果たし、人類の様々な物語の中において、こどもたちへ、孫たちへと語り継ぐのです。これは偶然の集まりではありません。科学が私たちの前に提示した現実を見ましょう。先進国は、温室効果ガスの蓄積に対して歴史的な責任を持ちます。この惑星がいま、抱えている問題に対して私たちが取り組まないとしたら不正なことです。2050年には 3.24℃、あるいはそれ以上の気温上昇が起こります。残り少ない時間の中で何を行うべきなのでしょう。100万の言葉が費やされました。しかし、語るのは止めて、仕事を始めるときです。ペンを置いて、我々の間の違いを埋めるときです。5Gt の削減を行うときです。今後3年の資金援助の合意はもうできています。その次に続く7年間も。コミットメントするのか、しないのか。決断のときです。論点はあります。現在のドラフトには 102個のブラケットがあります。そこを議論しなければならない。行動しないという決断が勝ることを恐れています。帰結は莫大なものになります。ツバルが沈むかも知れない。チベット高原の氷が溶けるかも知れない。アフリカの農地が破壊されるかも知れない。グレートバリアリーフが無くなるかも知れない。今、ここで、コペンハーゲンで、決断しなければなりません。私の友人、グレイシーは書きました。「コペンハーゲンでは、みなさんに強くあって欲しい」キャンベラに住む、6歳の女の子です。世界の小さなこどもたちが、望んでいます。世界のリーダーたちに問いかけたい。今週末、家庭に戻ったとき、自分が持てるすべての力を発揮して、気候変動の危険に立ち向かったと、自分のこどもの目を見て言い切れますか」

ギリシャ首相兼外務相 Mr. George Papandreou
「世界が合意するということは、簡単なことではありません。今、私たちは、地球規模の合意を形成することのメイキングを見ているのです。船舶からの排出も減らします。IMO で検討しました。EU 30% の削減を約束するでしょう。アメリカにはさらに野心を持って欲しい。洪水やその他の激しい気象から国々を守りましょう。2 以下のリミットを守るなら、グリーンな経済に移行しなければなりません。エコ基金を設立しましょう。しかし、お金の話ではありません。古い車に、もっと馬力を持たせても仕方ありません。変わらなければならないのです。教育をしましょう。民主主義を育てましょう。社会全体がもっと参加するように。先進国が、途上国が、最も発展途上にある国々が、ともに進んでいかなければなりません。人類が、寄生体のように死ぬのか。それとも、協調によって、新しい合意を国々の間に、人々の間に形成できるのか。世界を、こどもたちを、悲しませないようにしましょう。夢を確実なものにしましょう。今こそ行動を」

アルバニア首相 Mr. Sali Berisha
「先進国よりも 5倍も低い排出しかしていないのにも係わらず、わが国は気候変動の影響を受けています。グリーンな技術によって、炭素フリーな経済を作っていかなければなりません。わが国を、地域におけるグリーンなスーパーエネルギー生産国に変えようとしています。440基の水力発電施設を作ろうとしています。国際的に協力を頂きたい。地域全体にとって利益のあることです。風力発電施設も造ります。バイオマスも。このサミットを通して、経済機関がプロジェクトを始めることを期待しています。新しい産業革命です。古い革命での技術は失敗に終わったと言えます。グリーンな革命が始まりつつあります。わが国の国土の 2/3 は森林に覆われています。この保護にもあたります。わが国は環境保護への貢献にコミットしています」
(
斉藤氏のコメント:ちなみに、大規模な水力発電は温室効果ガスの削減には貢献しない可能性があります。ダム湖に水没した植物から温室効果ガスが発生するためです。)

日本環境相 Mr. Sakihito Ozawa
「枠組みに合意しに来ました。この合意は、すべての主たる排出国が、責任を果たすものです。この目的のために、日本は 2020年までに 25% の削減を明言しました。公正で有効な 2012年以降の枠組みを、野心的なターゲットに則って作りましょう。昨日、鳩山イニシアティブのもとで、2012年まで150億ドルの支援をすることを決めました。2012年以降も、資金を確保して行く所存です。2010年、日本は、COP10 - 生物多様性の会議をホストします」

以上

なお、私の独断で日本の声明は最後に掲載しました。

個人的な感想がいろいろありますが、とりあえず声明の最後までの掲載を急ぎたいので、別のエントリで書きます。

<お詫び>外部文書を使って記事を作成する勝手がよくわからず、エントリごとにフォントや行間などがまちまちで、お見苦しい点をお詫びいたします。原因も対処方法もわかりませんので、そのままになっています。

気候変動に関する情報を広めたいと思われたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

« 気候サミットCOP15各国代表声明  -第4弾 | トップページ | コペンハーゲンCOP15各国の声明  -雑感 »

政治・人権」カテゴリの記事

気候変動・温暖化」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気候サミットCOP15各国代表の声明  -最終弾:

« 気候サミットCOP15各国代表声明  -第4弾 | トップページ | コペンハーゲンCOP15各国の声明  -雑感 »