無料ブログはココログ

« 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第1弾 | トップページ | 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第3弾 »

2009年12月22日 (火)

気候サミットCOP15各国代表の声明  -第2弾

斉藤賢爾氏(Webhttp://www.accianco.jp/)がコペンハーゲンからTwitterで実況翻訳してくださったCOP15での各国代表の声明第二弾です。斉藤氏は、翻訳の正しさは保証していないという但し書き付で転載を快諾してくださいましたので、改めて御礼を申し上げます。また、会議中音声が途切れた場合などもあり、完全ではないこともご承知おきください。

案外知らない国の名前もありましたが、未知の国のリーダーの短い声明から、お国柄がしのばれるものです。ベネズエラ大統領がいいですね~先進国の首脳たちと11の討論をさせてみたい!誰が彼を論破できるか見ものです。モルディブ大統領の「私にはふたりの娘がいます。私は、孫を見たい。見られなくなるかも知れないのですよ。これは、お金の問題ではない。お金の問題だと思うのは思い上がりもはなはだしい」という主張は、特に日本の政治・経済界の人たちにじっくり聞いてほしい・・・

(以下順不同)

ツバル首相 Mr. Apisai Ielemia

「若者たち、次世代のリーダーたちへ。先週、メディアで報道されたように、我々は特に影響を受ける国々のひとつです。ツバル人民を代表して、支援を申し出てくれた人々にお礼を申し上げたい。ツバルの危うさを理解してくれたことを、深く感謝したい。6ヶ月前、京都議定書への修正事項を 3件、提案しました。コミットメント期間と資金、それとバリ行動計画に基づく議定書です。温室効果ガスの 濃度を 350ppm 以下に。先進国と途上国の両方の削減目標。新しい資金管理のための国際機関と、技術移転の気候です。これは京都議定書を無にするものではありません。新しいコミットメント期間に署名しましょう。コペンハーゲンでの議定に調印しましょう。地球の反対側から、政治力の行使に来たのではありません。締結に来ました。具体的な法的な合意が、我々の未来のために必要です。世界のために歴史的な瞬間を生みましょう。締結しましょう。ありがとうございました」

注・(参考までに):神保哲生・著「ツバル-地球温暖化に沈む国」、

映像リポート「地球温暖化に沈む国 南の国ツバルの決断」http://www.videonews.com/special-report/011020/000256.php

レバノン首相 Mr. Saad R. Harriri

「レバノンをご存知の方は、その小ささと地域を知っておられるでしょう。我々の排出は微々たるものですが、巨大な影響を受けています。今世紀末には2-5℃の温度上昇を見るといいます。食料生産に大きな影響があります。この理由により、気候変動への戦いにコミットしています。緩和対策が必要ですし、再生可能エネルギーへの移行も図っています。これは我々全員の肩にのしかかった責任です。我々に気候変動を止めることはできませんが、緩和はできるはずです。これは子孫への責任です」

サモア首相 Mr. Tuilaepa L. S. Malielegaoi

「生存は交渉の対象にすべきではありません。生存のために、コペンハーゲンで議論されてきた内容で締結してください。我々は、解決の一部になるためにここに来ました。合意を邪魔するためではありません。気候変動の影響は悪化しています。わが国にとっては生存の問題です。法的な拘束力のある合意を 2トラックの平等な仕組みに則って作りましょう。我々の海岸線は侵食され、真水が不足しています。高い土地への移動を行わなければならないのです。2ヶ月前、津波が遅い、ひどい災害をもたらしました。我々だけでは、大きなことはできません。トータルな解決は、世界が一緒に働くことでしかできないのです。今、リソースが必要なのです。新しい、ビジョンのともなったリーダーシップが必要です。そのリーダーシップは、平等性と、生存性に則り、政治的・経済的判断のみに則るものであってはなりません。コペンハーゲンが、こどもたちの未来のために、互いを信じて、理解し、合意に締結できる場所となるように」

パハマ首相 Mr. Hubert A. Ingraham

「気候変動の影響を緩和するために AOSIS の提案する 1.5 上昇を最大とする案を支持します。我々は強力化したハリケーンに悩まされています。我々のような小さな国々を助けるために、資金の仕組みを改善してください」

ネパール首相 Mr. Madhav Kumar

「ヒマラヤを雪の中に置くように頑張りましょう。ネパールは高山を持ちます。水力に期待できる所以です。気候変動は山の生態系に影響を与えています。それはフェアではありません。京都議定書に決められた温室効果ガスの削減に向かいましょう。ネパールは、長期的にはカーボンニュートラルにむかいします」

ベリーズ首相兼財務相 Mr. Dean O. Barrow

「ベリーズはバリアリーフで知られる国です。しかし、我々はそうした資源を自慢に来たのではありません。それらは破壊されています。ベリーズでは、多くの経済的根拠が自然災害により失われてきました。我々は、最も排出が少ない国々のひとつですが、それでも、太陽光や水力発電のプロジェクトを進めています。ところが、工業国の文明は、文字通り、私たちの国を沈めようとしています。我々は、森林の再生と維持にも努めています。しかし、最も野心的な削減でさえ、すでに気候変動が起こした災害を元に戻すことはできません。我々には資金が必要です」

セントルチア首相 Mr. Stephenson King

「ひとつの目的で来ました。野心的で法的拘束力のある合意を得にです。そうでなければ、我々は全員がその影響を受けるでしょう。現在の交渉の状況、そして台湾のような国が追い出されていること、にも係わらず希望を持ちます。我々のマントラ『1.5℃』は、政治スローガンではありません。科学による帰結なのです。カリブ海全体が危機に瀕しています」

バングラデシュ首相 Sheikh Hasina

「食料と水のセキュリティにも係わる問題です。先進国は、自分の責任を認識してください。気候変動の影響は強まっています。海面上昇は魚を殺しています。134の行動計画により私たちも適応していきます」

コモロ連合大統領 Mr. Ahmed Abdallah Mohamed Sambi

「共通の意志によって、よりクリーンな惑星に変えていく、救っていく必要があります。富める者も貧しい者も気候変動の影響下で生きています。小さな島国は、海面の上昇により消えてしまう恐れがあります。2025年までの海面上昇で、人口のほとんどを賄えなくなります。サイクロンの発生頻度が増えています。その影響は経済を含む我々の生活に、マラリアの蔓延などを介して広まっています。コモロは大きな水力、太陽光、地熱の資源を持っています。国際的な対策の活動に参加をしていきたい。我々は同じボートに乗っています。地球を救うのか、それとも、それぞれの欲に忠実に、ボートを沈ませるのか。45% 以上の削減を 2020年までに行いましょう。コペンハーゲンの合意は京都議定書を置き換えてはなりません」

パラオ大統領 Mr. Johnson Toribiong

「我々は、母なる自然から生まれました。そうわが国では信じられています。しかし、母なる自然は我々の敵になったかのようです。負けることは許されません。この対立を生んだのは我々です。我々が始末をつけなければなりません。台湾のこの取り組みへの参加を希望します。化石燃料から再生エネルギーへの移行を行います。母なる自然は、我々に、グリーンの道を歩めと促しています。AOSIS を支持します。その立ち位置は、この会議で、尊重されるべきです。AOSIS の立ち位置は、勝利への道です。みなさん、特に工業化国よ、戦いましょう。私は楽観主義者であり、工業化を進めた私たちの智恵は、その逆転のために使える。人間が起こしたことは、元に戻せると信じています。ときどき、「敗北」は、「遅すぎ」ということを意味します」

タジキスタン大統領 Mr. Emomali Rahmon

「気候が荒れています。国家の持続的な開発を妨げることになり得ます。中央アジアにおける経済発展に問題です。氷河の溶解が問題になっています。我々中央アジアの命の元である水が、消えて行くのです。化石燃料の利用を避け、再生可能エネルギーに移行することをわが国でも推進します。わが国は電力の不足に悩んでいます。歴史的に排出をしてきた国々が鍵を握ります。わが国には水力発電のポテンシャルがあります」

ジンバブエ大統領 Mr. Robert Gabriel Mugabe

「わが国の代表団が9月に UN を後にしたとき、コペンハーゲンに希望を持っていました。この惑星は危機に瀕しています。高度に工業化された世界が、問題のある開発をしてきたのです。我々は溺れ、燃やされ、より多くの人口の我々が被害を受けています。気候変動に関する交渉は、今まで簡単だった試しがありません。今、世界の経済の危機の中で、それはますます難しくなっている。目に見えている交渉は、世界の覇権の争いの氷山の一角でしかありません。不公平な商取引、南北の分離、そうしたことが、その醜い顔を、ここでも覗かせます。コミットメントはいつでしょう。正義をもたらす決断です。気候変動の加害者たち。京都議定書に唾を吐くつもりなのか。終わりを知らない、欲による消費の巨人が起こしているこの問題は、人類の根本的な生存の権利を脅かすものではないのか。その責任は、その責任遂行の能力に合わせて全うされるべきである。もっとも罪深い者たち。片方の手で排出を削減し、もう片方で被害者を救いなさい」

モーリタニア大統領 Mr. Mohamed Ould Abdel Aziz

「モーリタニア「温暖化が国際的な問題となっています。環境に、悲惨な影響をもたらします。バリ行動計画の実施を強く希望します。この惑星の未来は我々の手にかかっており、責任を果たさなければなりません。特に工業化国。北と南が新たな協力関係を築く必要があります。責任のレベルは異なるかも知れませんが、すべての国々が一緒に取り組む必要があります。2012年以降の国際的な枠組みを」

マケドニア大統領 Mr. Gjorge Ivanov

「我々はすでに気候変動の悪影響を目撃しており、取り返しのつかないことが起きています。マケドニアは、再生可能エネルギーの割合を20% 以上に 2020年までに引き上げます。先進国は、技術的・資金的な必要性に答える必要があります。共通の視点、ビジョン、これには視覚的にみなさんが問題を理解する必要があります。洪水の増加、生態系の劣化、健康上のリスク、これらのハザードを緩和し、状況に適応すべくマケドニアも貢献します。全国的な森林増強計画を進めています。これらは代替案を提案しているのではない。補完的に考えてください。地域のミーティングを開きましょう」

マーシャル諸島大統領 Mr. Jurelang Zedkaia

「わが国は海抜 2m にあります。これまでとはスケールの違う取り組みが必要です。2015年までに排出ピークが過ぎるように。1.5℃以上の上昇で私たちには大変なことになります。我々は排出にほとんど何の関与もしていません。経済の確立と、自信の確立と、技術の確立。それを望んでいます。京都議定書を拡張し、次のレベルに行きましょう。このままでは法的拘束力のある合意がいつできるのか、分かりません。最も影響を受ける国々には、時間が残されていないのです。私にとって、島々は、私たちの先祖から譲り受けた土地でもあります」

モルディブ大統領 Mr. Mohamed Nasheed

「このプロセスの最後の日々に来ました。交渉は時間がかかり、いつも難しい。このような歴史的な努力が簡単だとは誰も思っていないはずです。私はまだ信じています。過去2年間、交渉官たちは忙しく働き、今朝、早朝、テキストができ、しかし、それに合意できなかった。もし合意に到達できなければ、世界中の人々にとって、納得がいかないことになる。これはミーティングではない。生きるか死ぬかなのだ。350ppm 以下の濃度、1.5 以下の変化でなければ、破滅するのです。だから、納得がいかない。排出ピークは 2015年以前に起き、そこから下がっていく必要がある。ケネディが月に行くと宣言したとき、そのための技術はなかった。アメリカの創造力には限界がないでしょう。政治が正しければ、技術が力を発揮します。富める国が、大気を汚染してこの問題を起こしてきた。今のレベルを超える野心的ゴールを設けなければ、それは取り返せません。そして、炭素ではなく開発が欲しい。オイルでなく電力と運輸を。定量的アクションを 30% 以上の削減を2020年までに。自分がしないことを相手に望むことはできません。モルディブはカーボンニュートラルに向かいます。我々がグリーンになることを助けてください。交渉はお金の問題ではありません。EU から援助を受けたことはない。近所のつき合いでできるのです。私にはふたりの娘がいます。私は、孫を見たい。見られなくなるかも知れないのですよ。これは、お金の問題ではない。お金の問題だと思うのは思い上がりもはなはだしい。京都議定書は私たちを分けました。富める者と貧しい者。今は統一するときです。今から 48時間以内に成果が出なければ、私たちはおしまいです」

ミクロネシア大統領 Mr. Emanuel Mori

「単純な、締結のためのお願いをしに来ました。わが国や他の国々の生存が今、危機に瀕しています。海面の上昇により、海に沈むのです。あるいは、台風の強力さが増しています。その原因は気候変動です。生き残りのための努力は、今すぐ始めなければなりません。正しいときに、正しい判断をしたと未来に言えるように。CO2 の削減を。科学者は、この問題をすぐに解決しなければ、気候は制御不能になると言います。温室効果ガスの排出を安定化し、産業革命以前のレベルに戻す必要があります。わが国の国民を救ってください。同じような国々の国民を救ってください。私たちは今日、ここに偶然いるのではありません。目的をもって来ているはずです。締結を」

ベトナム首相 Mr. Nguyen Tan Dung

「わが国は長い海岸線と、そこでの経済活動を持っています。メコン川は国内外の人々に水を提供します。海面が上昇すると 38% の土地が失われます。地球は共通の家です。気候変動への対策は重要で、わが国も貢献します。大きな排出をしている国々が、明確なゴールを掲げて削減にコミットできるように。今世紀末までに 2℃未満の気温上昇しかないように。途上国の能力育成が必要です。資金のための組織を作りましょう。これらの責任に貢献します。すべての国々、特に先進国もぜひ」

セイチェレス大統領 Mr. James Alix Michel

「進展と、よい意図をもって進めましょう。しかし、意図がよいことだけでは足りません。行動が必要です。指さしはしませんが、世界のリーダーたちが良心に基づき判断することを願いします。富める者も貧しい者も、すべての人々がここでの合意に依存しています。農業に、漁業に、そして海岸線で生活している人たちがダイレクトに影響を受けます。経済の成長の必要はあるでしょう。しかし、私は富める国の大統領ではありません。小さな島の大統領です。この合意は、私たちが生きられるかどうか、なのです。1.5℃以下の気温上昇、350ppm 以下の CO2 濃度でなければ、我々には意味がありません。公正さとは、被害を受ける人々に正しい対応をすることです。援助される資金は十分ではありません。我々も排出削減に取り組むのです。一緒に取り組むのです。法的に拘束力のある合意でなければ、前進は望めません。政治家は、責任を果たしましょう。持続性のある選択をしましょう。人類全体のために」

フィンランド大統領 Ms. Tarja Halonen

「固いコミットメントをしに来ました。今が締結するときです。野心的な、緊急および長期的な約束を。途上国の気候変動への対応には資金が必要です。それを支払う必要があります。公的に私的にそれは行われるべきでしょう。わが国は公平にそれを負担するつもりです。私たち女性も、あらゆるレベルで参加しましょう。京都議定書は 全体の排出の 1/3 しかカバーしません。残りの差を扱う必要があります。コペンハーゲンを新しい始まりに」

EU 議長 Mr. José Manuel Barroso

EU は、世界で初めて炭素排出を法的に整備したグループです。アメリカと中国にも協力をお願いしたい。最も貧しい国々、最も影響を受ける国々を支援しましょう。透明性が必要です。必要な資金援助を。気候変動への対策は、開発援助でもあるのです」

スリナム大統領 Mr. Runaldo Ronald Venetiaan

「気候変動は全員に、すべての国に関係します。この会議のプロセスの遅延に落胆しています。森林を広く持つ国々は、その保存のための支援を受けるべきです。海岸線が 1m 上がれば、我々の 70% の人口が、そこに集中しているため、食料の生産と人々の生活に大きな影響があります。我々には低炭素な長期開発プランがあります。スリナムは、国内的・国際的に協力します」

ベネズエラ大統領 Mr. Hugo Chávez Frías

「今朝、ブラジルやインドが話していたとき、ベネズエラは発言権を得られませんでしたが、こう言いたかった『テキストは民主的ではありません』我々は、阻害されていたのです。今の世界に本当の民主主義、平等性はありますか。独裁ですよ。驚く必要はありません。世界に民主主義はないのです。ふたりの若者が来ましたね。警備は優しかった。抗議をして逮捕された人がいるそうですね。行って挨拶をしたい。若い?当たり前でしょう。我々よりも、未来に関係する人たちです。関心を持って当たり前です。幽霊がいます。黙っている幽霊が。資本主義という幽霊ですよ。誰も、名前を呼びたくない。道路に、若者が掲げていたスローガンがありました。『気候を変えるな。システムを変えろ』そうでしょう。システムを変えましょうよ。それから解決に当たるべきです。「『もし気候が銀行だったら、もう救われていたでしょう』そうですよね。オバマはアフガニスタンを爆撃した同じ日にノーベル平和賞を受賞。ここまでの発言は、午前中していたはずのものですから、時間にカウントしないでくださいね。「『いかに金持ちが世界を破壊してきたか』『物質的消費を下げるためには、金持ちが段を降りて皆が平等になる必要がある』引用です。気候変動は、ひどい環境問題です。干ばつ、ハリケーン、洪水、熱波。人類は持続性の境目を超えました。しかし、平等性が問題です。「7% の人間が、55% の排出に責任があります。アメリカはどんどん石油を使っています。中国はそうでもない。60% の生態系がダメージを受けている。世界は自律性を失い、ゴミが大量に生み出されています。京都議定書の次の枠組みというが、何の成果も未だ出ていない。そして、無から生まれたテキストは、もちろん我々は支持しません。私は責任を持ちたいのです。大きな消費者の我が儘によるこの問題が、世界に貧困と疫病を生んでいる。先進国は、明確なコミットメントを。削減と、途上国の支援のために。気候変動は唯一の問題ではありません。守られない約束と、世界の破壊。5% の富める者たちと、多くの貧しい人々の間に、凄まじい違いがあります。生存率を含めてです。何が原因ですか。科学技術に基づく、資源の有限性を考慮しない、あくなき幸福の追求です。自由とみなさんは仰るが、殺す自由ですか、差別する自由ですか、苦しませる自由ですか。無限のプロジェクトは有限の地球で成立しますか。資本主義は破壊的です。いつまで、我々は現在の経済秩序を耐えなければなりませんか。いつまで、病気で死ぬこどもたちを見るのを耐えなければなりませんか。帝国に、地球を独占することをやめさせましょう。資本主義が我々の前に立ちはだかるなら、戦いましょう。人類を救いましょう。でなければ、人類は、消えます。地球は人類なしで何億年もやってきた。地球は我々を必要としない。しかし、我々は地球を必要としているのです」

マリ大統領 Mr. Amadou Toumani Touré

「村落が、砂漠の中に消えて行っています。そして干ばつが。何年かに、少し雨が降るくらいです。食料生産に影響があります。第一の優先順位は、食料です。グローバルな市場では、価格が操作されています。川のそばで私は育ちました。貴重な水の供給源です。5歳のとき、祖母が、川で泳ぐなと言いました。そのスポットが、川の精がいるところだというのです。川が深く、流れが荒かったのです。しかし今、その場所で、10歳のこどもたちが、サッカーをして遊んでいるのです。バランスのある合意を求めます。協調しましょう。2050年までに 50% 以上の削減を。マリは、農業が影響の緩和のコアにあることを強調します。学校を作りたい。気候変動の帰結を教えるために。人類の仕業のインパクトを伝えたい」(第3弾に続く)

気候変動に関する情報を広めたいと思われたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

« 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第1弾 | トップページ | 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第3弾 »

政治・人権」カテゴリの記事

気候変動・温暖化」カテゴリの記事

コメント

コメント失礼致します

各国のコメントを見るとかぎり発展途上国から先進国への援助要請ですよね
自国の国益に沿いながら且つ各国・メディアに訴えるのですからインパクトは必要でしょう
仮に先進国が「途上国に援助しないかわりに温室効果ガス削減のため経済活動を50%縮小します」と言ってもおそらく途上国で喜ぶ国はないでしょう
ベネズエラは喜ぶかもしれませんが
結局は経済問題なわけです

kesigpmupanさん、コメントをありがとうございました。

確かに経済問題という側面も大きいですが、気候変動問題というのは、それだけではないと思います。
環境問題、南北問題、外交問題、エネルギー問題、食糧安全保障問題、難民問題、健康問題、雇用問題、住宅問題から都市計画全体にいたるまで、関連する問題の枚挙に遑がありません。要するに、政治の守備範囲のほとんどが含まれる訳で、だからこそ193カ国もの政府首脳が一同に会さなければならなかったのではないでしょうか。

たしかに現在の気候変動問題が様々な学問・分野に関連してしまっているという意見には相違ありません
しかしこの問題の本質はなにかということです

個人的にはロシアやチェコの発言も気になる所です

コメントへの返答・貴重な情報ありがとうございました
失礼致します

kesigopmupanさん、こちらこそ、ご意見ご感想をありがとうございました。
前のコメントで一つ書き忘れましたが、世代間の倫理問題もあります。
これからも当ブログの発信する情報に関心をもっていただけたら嬉しいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第2弾:

« 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第1弾 | トップページ | 気候サミットCOP15各国代表の声明  -第3弾 »