無料ブログはココログ

« ベルギーでまた脱獄成功! | トップページ | 社会党政権下の教育例 »

2009年7月26日 (日)

自民党はいつも回答拒否

雑誌「週刊金曜日」7月24日号に以下のように載っていました。

◆教育政策を各政党に問う 民主党・公明党・共産党・社民党・国民新党

 衆議院選挙をひかえ、衆議院に議席がある各政党に争点と思われる教育政策について質問状を送り、回答を寄せてもらった。自民党は回答拒否だった
***引用ここまで

以前、県議選で立候補者全員に市民グループとして公開質問状を送ったら自民党から集団ボイコットされたことは前に日記に書きましたが、ジャーナリズムに対してもこれでは、「政治家の説明責任」を選挙前から放棄しておりとても民主主義社会の政党とはいえないでしょう。

« ベルギーでまた脱獄成功! | トップページ | 社会党政権下の教育例 »

政治・人権」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。