無料ブログはココログ

« 総理の任期と自民党総裁の任期が一致しない問題 | トップページ | 世界で最初に投票を義務付けたベルギー »

2009年7月17日 (金)

血液型と食べ物の嗜好

ドイツ人の友人とレストランで食事をしていたら、唐突に「血液型は何型?」と尋ねられました。

ドイツでは自分の血液型も知らない人が多く、ましてや「日本では性格診断に使われる」などと言ったものなら奇異の目でみられるのが落ちだと、長年の経験からドイツ人相手には血液型の話題は出さないことにしていたので、びっくり仰天でした。

「あててみてよ」と言うと、なんとどんな食べ物を特に好んでたべるかと聞かれたのです。彼女が読んだ本によると、血液型によって「何を食べたら特に新陳代謝がよくなるか」が決まっているので、何を好み、何を避けて食べるかを知ると血液型がわかるとか・・・。だから、A型の彼女とB型の夫は食べ物の嗜好が違うと言うのです。

しかし、私にはあまり説得力はありませんでした。我が家の血液型は彼女夫婦と逆のパターンですが、夫は納豆以外なら何でも好んで食べるし、私はある種のチーズ以外は何でも食べます。息子はB型で娘はA型ですが、二人の間に食べ物の嗜好の違いは見出せずとにかく好き嫌いなく何でも食べます。甘いお菓子がすきなのも共通しています。

それで、私は彼女に私の血液型を推定する材料を提供することができませんでした。

彼女は、自分の二人の子どもの血液型を知りません。彼女自身は、献血をしたから知っているのです。

私はベルギーと日本で出産しましたが、どちらも出生時に血液型を教えてもらえました。ドイツでは、教えてもらえなかったそうです。

ドイツは、まだまだ血液型後進国のようです。

« 総理の任期と自民党総裁の任期が一致しない問題 | トップページ | 世界で最初に投票を義務付けたベルギー »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。