無料ブログはココログ

« 自民党はいつも回答拒否 | トップページ | 国民審査で「一票の価値の不平等」是正を! »

2009年7月28日 (火)

社会党政権下の教育例

前回の日記で、日本の各政党の教育政策に対する質問に自民党が回答拒否したと書きました。各政党の政策を比較して選挙に行こうとする有権者に対して、政治家として極めて不誠実な行為だと思います。

ところで、各政党の政策の比較に加え、外国の教育にも目を向けてみませんか。実に多様で日本と異なる点が少なくありません。

もし教育に関心のある方は、ベルギーで20年間社会党が政権を維持している地域(地方分権なので、国全体で一律ではありません)にある幼稚園や小学校の具体例を過去の日記の「教育」の項に書いていますので、ご笑覧ください。
http://myhome.cururu.jp/nachhaltig/blog/list/ct2

« 自民党はいつも回答拒否 | トップページ | 国民審査で「一票の価値の不平等」是正を! »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民党はいつも回答拒否 | トップページ | 国民審査で「一票の価値の不平等」是正を! »