無料ブログはココログ

« 国境の高速道路で不便なこと | トップページ | 自然との闘い?! »

2009年6月 4日 (木)

道路工事と渋滞

最近、ドイツでもベルギーでも、いたるところで道路工事が行われており、片側通行の信号機待ちを考慮して早めに出かけねば、大幅に遅刻する恐れがあります。

 

おそらく経済危機対策と無縁ではないのでしょうが、車が浪費する燃料のことが気になります。

 

連休にドイツのアウトバーン(高速道路)を300km走りましたが、道路工事のおかげでいつもより30分くらい長くて3時間かかりました。

 

ドイツ人の友人は、600km帰ってくるのに、「抜けたと思ったらまた渋滞」の繰り返しで、なんと13時間かかったそうです!

 

ちょっと古い記事ですが、2002年のドイツの雑誌に次のように書いてありました。

 

ドイツでは、年間12億リッターの燃料が、渋滞とStop and Goによって無駄にされている。その損失額は1000億ユーロ(1ユーロは現在約140円)にのぼる。

 

そしてもちろん、必要以上に増える排気ガスのことも忘れてはなりません。

 

内容を聴くことはできませんでしたが、ドイツの公共ラジオでは昨日、「経済効果をあげるために、気候変動(温暖化も含め)を加速してもよいのか」というテーマの討論があったようです。

 

経済対策の公共事業と気候保全のジレンマがいたるところに見られます。

« 国境の高速道路で不便なこと | トップページ | 自然との闘い?! »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。