無料ブログはココログ

« 再びブログをお休みします | トップページ | ベルギーの難民・亡命者 »

2009年5月17日 (日)

娘の体操発表会

皆様、お久し振りです♫


実現させたいことがあるのでブログをずっと休んでいましたが、実現の見通しが立たず閉塞感と八方塞の中で、とても日記を再開する気になれずにおりました。ところが、今日マイミクの方々から思いがけない誕生祝のメッセージをいただき、感無量でまた少しずつ日記を書き始めようと思い立った次第です。本当にありがとうございました!

 

ただ、我儘を言わせていただきますと、時間的にも気持ちの上でもまだ余裕がないので、一つ一つのコメントにお返事することはできないこと、皆さんの日記に頻繁にお邪魔することはできないことを、何卒ご容赦ください。

 

さて、今日は娘の初めての体操の発表会の日でした。午前中に2時間最後の練習があり、17時半から18時半開始の発表会の会場に出かけました。この発表会は、隣接しているドイツ語圏の3都市E、K、そして私たちの住むRの3つの体操クラブが毎年合同で行うもので、今年はKのスポーツセンターが会場でした。

 

Kには少年が6名おり、オリンピックの体操の種目のような演技を見せてくれましたが、EとRには6歳以上の少年はおらず、少女たちは床運動とマスゲームだけでした。6歳未満の子どもたちは、白いTシャツと黒い半ズボン姿で輪くぐりやジャンプ、前転などを披露しました。

 

9月に6歳になる娘は、5歳になってからずっと6歳以上のお姉さんたちの高度な技に魅せられており、幼稚園の園庭でも、自宅の庭でも居間でも暇さえあれば後転、側転、逆立ちなどの練習をしています。その甲斐あってか、6歳の人数が一人足りないからと、特別に一人二役させてもらえることになりました。

 

6歳以上のグループに加わるということは、正規のユニフォームが必要になります。息子のサッカーの場合、ユニフォームはクラブに用意されており、スポーツウェアの上下はスポンサー企業から贈られたので個人で買う必要はありませんが、体操クラブでは100ユーロ(約13500円)払わなければなりません。まあ、娘の熱中度から、9月からも絶対にこのまま体操を続けるであろうということで、一足先にユニフォームを購入することにしました。

 

この100ユーロとは、実はとても有り難い一回限りの預かり金システムで、子どもの成長と共にサイズが合わなくなったら、クラブに所属している限り無料で何度でも大きなサイズのものと交換してもらえるのです。最初に100ユーロ払ってもらえるのは、レオタードとスポーツウェアの上下、それにスポーツバッグ(スポンサーの企業名入り)でした。そして、クラブを退会するときには、半額の50ユーロが戻ってくるそうです。

 

年会費は、6歳未満が週に一時間で40ユーロ、6歳以上は週2回2時間と3時間で50ユーロです(因みに、息子のサッカーは週2回一時間半ずつのトレーニングで80ユーロ。ドイツからピアノ教師に自宅にきてもらっている知人の例では、一時間20ユーロだそうです。音楽はスポーツに比べて高そうですね~)。おそらく補助金やスポンサーからの寄付金などがあるのでしょうが、ベルギーではドイツに比べても子どもの余暇の活動費が割安なのは、とても助かります。以前に書いたように、ベルギーのように社会党系の強い政府ですと、税金や社会保険料が高く教育や社会福祉などに多くの予算が充てられるのです。

 

経済危機のせいか、つい家計簿的なテーマに逸れてしまいました(苦笑)

 

娘はといえば、無事に2回の舞台を終えてご満悦で、これから体操熱はますます激しくなりそうです。夜8時半になってもまだプログラムは続いていましたが、さすがに幼稚園生たちは帰宅しました。最近は夜10時ごろまで明るいので、子どもたちがいつまでも眠らなくて困ります。

 

 

« 再びブログをお休みします | トップページ | ベルギーの難民・亡命者 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 再びブログをお休みします | トップページ | ベルギーの難民・亡命者 »