無料ブログはココログ

« ガザ地区からノルウェー人医師の報告 | トップページ | 官僚のでたらめをなくす政権を! »

2009年1月10日 (土)

3ヶ国語のクロスカントリー

過去2年くらいは雪が積もらなかったせいか、せっかくの積雪の機会なので、息子の学年4年生2クラスは急遽11時半から14時半までクロスカントリーにでかけることになりました。前日は、学校に橇を持って行ったし、授業の時間割がないと便利なものです。それに、小さな町の学校なので融通がきくのでしょう。


場所は、車で約20分の自然公園の森の中にある自然体験施設で、レストランやドイツとオランダの大学の付属機関もあります。


また、専門家が同行してくれるここのワンゲルコースは、一年中賑わっていますし、学校の長期休暇中には、子供向けのいろいろなプログラムが用意されています。


息子の話では、ほかにも観光バスで小学生や中学生グループがたくさん来ていたとか。彼らがしゃべっていた言語は、フランス語とオランダ語だそうです。私たちが住んでいるドイツ語圏は、フランス語と2ヶ国語の地域ですし、オランダといっても車で30分くらいですから、ベルギーのスキー場ではオランダの車をかなり見かけます。


国境地域でなくても、ベルギー国内だけでも4カ国語の中で十分に苦労するので、言葉が通じないことに対する不安は常にあります。ともあれ、親の取り越し苦労ですが、言語の壁で困るような事態が起きなくてほっとしています。

« ガザ地区からノルウェー人医師の報告 | トップページ | 官僚のでたらめをなくす政権を! »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。