無料ブログはココログ

« オバマ政権に対する懸念事項 | トップページ | 教師のワーク・シェアリング »

2008年11月16日 (日)

ベルギーの生徒議会

「生徒議会」といっても、学校の生徒会ではなく、れっきとしたドイツ語圏政府の議会です。毎年、小学校5,6年生のクラスやグループおよび中学生以上を対象に参加者を募集し、政府を監視したり法令を制定したりする議会の機能を実体験させるそうです。


生徒たちは、それぞれ議会におけるいろんな役割を担います。そして、民主主義による決定過程に参加し、自分が生きている周辺の環境を政治によって変える提案ができます。


昨年までの例としては、「球技大会(察するところサッカーの試合?)において問題となるデシベル値(察するところ騒音関連?)の提案」、「生徒の移動手段に関する提案」、「麻薬防止に関する提案」、「外国人が社会に溶け込むための提案」など・・・。

« オバマ政権に対する懸念事項 | トップページ | 教師のワーク・シェアリング »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オバマ政権に対する懸念事項 | トップページ | 教師のワーク・シェアリング »