無料ブログはココログ

« ベルギーの医師と採血 | トップページ | 教科書は借り物 »

2008年10月20日 (月)

自民党無駄撲滅プロジェクトチームの政策棚卸し

これまでのところ、環境省文部科学省の政策棚卸しの結果が出ています(自民党支持者ではありません、念のため)。ただ、このような省庁の政策に関する評価が行われていることは、多くの人が知るべきだと思うので・・・。

 

もっとも、この評価結果に従った予算案を両省が提出しているかどうかは定かではありません。早く、全省庁の政策棚卸しを終わらせてほしいものです!

 

それにしても、こういうことを大きく報道することこそジャーナリズムの役割だと思うのですが、皆さん報道を通じてご存知でしたか?


たとえば、温暖化防止国民運動推進事業 30億円とありますが、何をやってどんな成果が期待できるのでしょう??


文部科学省の政策例には、10.家庭の教育力向上に向けた総合的施策の推進(モデル事業) 15億円というのもありますが、家庭の教育力ってどうやって向上したかどうか判定するんでしょう??


以下のファイルはhttp://www.taro.org/より開けます(コピーしてもリンクできませんでしたので・・・)。税金を使って何をしようとしているのか、どうかチェックしてみてください。

 

環境省

評価シートコメントA(亀井)班.doc (ワードファイル)
評価シートコメントB(河野)班.doc (ワードファイル)
環境省評価結果(数値).xls (エクセルファイル)
環境省評価結果一覧.xls (エクセルファイル)

 

文科省

文部科学省政策棚卸し(文教).doc (ワードファイル)
文部科学省政策棚卸し(科学技術).doc (ワードファイル)
評価結果.xls (エクセルファイル)
評価結果一覧(8月4日).xls (エクセルファイル)
評価結果一覧(8月5日).xls (エクセルファイル)

« ベルギーの医師と採血 | トップページ | 教科書は借り物 »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。