無料ブログはココログ

« 遺伝子組み換え作物による被害 | トップページ | 「未来産業研究会」って何? »

2008年10月 8日 (水)

フライドポテトの発祥地

また、じゃがいもの話題ですが、フライドポテトは約230年前にベルギーのワロン語圏で生まれたそうです。ドイツでは「ポメス」、ベルギーでは「フリッテン」と呼びます。


そのせいか、幼稚園と学校の給食では毎週金曜日はフリッテンの日です。


ベルギーでのファストフードといえばまずフリッテンなので、街角にも小さなお店をよく見かけます。大きなポンプつきのソース(というよりドレッシングやマヨネーズのようなもの)のびんが10種類くらい並んでいて、太目のフライドポテトに好みのソースをかけて食べます。


私が好きなのは「狩人ソース」と呼ぶきのこと玉ねぎを煮込んだブラウン・ソースですが、このような温かいソースがあるお店は滅多に見つかりません。ドイツとの国境近くのこのソースがあるお店は日曜日も開いているので、ドイツやオランダからのお客でいつも満員です。・・・といっても、私のように狩人ソース目当てでという訳ではないのでしょうが・・・。

« 遺伝子組み換え作物による被害 | トップページ | 「未来産業研究会」って何? »

生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。