無料ブログはココログ

« 教科書は借り物 | トップページ | 自家製有機豆腐 »

2008年10月25日 (土)

教師の裁量

前回教科書の話題でしたので、ついでに昨年度の息子の担任から聞いた話を付け加えておきます。 


小学校は町立くらいの規模で、教師はすべてこの町の予算で雇われます。基本的に、採用されたら終身雇用のような形ですが、学級数が減ると、勤務年数の少ない教師から順に解雇(別の学校に移るなど)されます。


成績表のつけ方は、学校内の教師で話し合って決めます。ですから、以前書いたように、息子の小学校は100点満点評価なのに、隣町の小学校は10点満点評価といった違いが生じるわけです。


教科書が少なく、それも滅多に使わないことは前回書いたとおりですが、教材は教師が自由に選択できます。授業・教育大臣が改訂した最新の教育方針には従わねばなりませんが、例えば「2年生が終わるまでに、時計(アナログ)の時間が読めること」という方針があれば、年間計画を立てて自分で教材を選ぶそうです。

 

 

« 教科書は借り物 | トップページ | 自家製有機豆腐 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教科書は借り物 | トップページ | 自家製有機豆腐 »