無料ブログはココログ

« なぜ政治家は後継者を指名できる? | トップページ | フランスから天使の来訪! »

2008年10月 2日 (木)

続・ドイツの環境ゾーン

ドイツの子ども専用チャンネル(公共 第一放送と第二放送の共同制作、夜9時に放送終了)で、夕方に10分間流れる子どもニュース「LOGO」を、時々子どもたちと一緒に見ます。


夕べは「環境ゾーン」の話題がありました。「環境ゾーン」について詳しくはこちらをどうぞ
http://myhome.cururu.jp/nachhaltig/blog/article/21002053173


感心したのは、浮遊粒子状物質がなぜ健康被害をもたらすかを、アニメーションで分かり易く説明してくれたことです。なぜふつうの埃のように鼻で遮られずに肺まで到達し身体に蓄積され健康被害をもたらすか・・・だから、この有害物質を市街地の「環境ゾーン」から減らすために、路面に乗るか、緑色のステッカーをもらえるに買い換えましょうということでした。


ecoyokoのつぶやき・・・

しかし、路面など公共交通機関が発達しておらず、の所有台数の多い田舎では、「健康被害を防ぐために低公害車の購入に税金を使って補助金を出してもよい」、もしくは「の本数を増やし料金を安くするために税金を使ってもよい」と考える緑の有権者が増えなければ、いつまでたっても大気保全は進みません。もちろん、議会に利権絡みの政治家を当選させないという前提です

« なぜ政治家は後継者を指名できる? | トップページ | フランスから天使の来訪! »

環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。