無料ブログはココログ

« 同窓会とサッカー | トップページ | 幼稚園でミニトマトを収穫♫ »

2008年7月14日 (月)

神輿とチキリン太鼓

きのうは、近くの氏神様の神輿とチキリン太鼓の山車にくっついて、町内を練り歩いてきました


実家の隣人が町内の子ども会の世話人で、日本に住んでいない子どもたちにとって良い思い出になるのではと声をかけてくださったので、喜んで参加させていただきました


先週、毎日1時間本番に備えて練習をしているとのことで、金曜日の5時から太鼓と鉦の練習を見に行きました。本番では小5と小6しか打てないのですが、もっと年少の子どもたちも来年以降順番がまわってきたときのために練習します。我が家の子どもたちも、特別に打たせてもらえました。この日は、ハッピと帯を借りて帰りました。


そして、昨日の本番。手拭いをもらってねじりハチマキにハッピ姿で、大人と中学生の神輿、小5と小6のチキリン太鼓の山車、そして、その他の子どもたちは首から賽銭箱を提げていよいよ出発~


昼ごろ雷雨があったのでどうなるかと思いましたが、14時から16時まで日も照って暑くなった中、4歳の娘も賽銭箱を首からかけて、元気に完走(?)しました。息子は、途中から神輿を担がせてもらえましたが、かなり重かったらしく、また肩の高さが他の人たちより低いので肩にかつげず手で支えたので、相当きつかったそうです。でも、またとない機会だからと、よく頑張ったね~。私はといえば、大きな団扇で担ぎ手や太鼓の打ち手などを扇いだり、写真を撮ったり、急に道路に飛び出した娘に肝を冷やしたり・・・ 

(とにかく、欧州では絶対に一方通行以外はあり得ないほど狭いのに、片側一車線ずつになっていて、しかも歩行者用の余裕もないのに車が平気で駐停車している道路が多すぎます!これから高齢化社会はますます進むというのに、相変わらず車優先の道路ばかりなんて、市議会や県議会は、何を考えているのでしょう


商店やホテルなどの入り口で神輿を回転させている間に、賽銭箱部隊が中に入ってお金を集めました。実家のマンションの前でも、住民が総出でお賽銭を入れてあげていました。時々通行人からもカンパがありましたよ~


途中2ヶ所の休憩場所で、と冷たい飲み物をいただき、解散前には図書券とお菓子の詰め合わせまでいただきました(払った参加費よりもごほうびのほうが多くてよいのかしらん)


初めてのブログに、ベルギーやドイツの「シュターンジンガー」について書きましたhttp://myhome.cururu.jp/nachhaltig/blog/article/21001737589が、息子自身も、ボーイスカウトで教会の使者として各家庭を訪問して寄付金を集めたことがあるためか、周りの大人たちから「賽銭集めが上手」とお褒めの言葉をいただきました


学校や幼稚園だけでなく、町内でも親切な方々に恵まれて、とてもハッピーな日本の夏の体験が続きます

« 同窓会とサッカー | トップページ | 幼稚園でミニトマトを収穫♫ »

里帰り—生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。