無料ブログはココログ

« 平和を願う日に全校で歌う「ムッチャンへの約束」 | トップページ | 神輿とチキリン太鼓 »

2008年7月12日 (土)

同窓会とサッカー

今度の水曜日の夜にミニ同窓会がありますが、夜は出掛けられない4人とリッチな昼食会がありました。幼稚園から高校まで同じ人もいて、懐かしさいっぱい。何年かぶりに会っても、すぐに学校時代に戻ったように会話が弾むので、やっぱり同窓生っていいなあ~


日本にいても、やはりサッカーからは離れられない私たち親子!
やっぱりサッカーファンの同窓生一家のおかげで、Jリーグ1位の浦和レッズ対10位の地元大分トリニータという、好カードの試合を観戦することができました。彼女にも息子と同い年の息子がいて、初対面のサッカー少年2人はたちまち意気投合


結果は、2対0で大分の勝利!はるばる出掛けた甲斐がありました。浦和とは相性がよいみたいで、今まで負けたことがありません


試合開始前に、友人が今度のミニ同窓会に来られない一人が来ているという情報を携帯でキャッチ。彼は、こちらの席まで顔を見せにきてくれました。


さて、サッカー観戦といえば、ドイツでケルンでの観戦経験http://myhome.cururu.jp/nachhaltig/blog/article/21001837033があるだけに、やはり交通インフラを比べてしまいます。息子は、友人一家と一足先に車で出掛け、私はもう1人の友人と娘とで試合のための臨時に乗っていきました。ドイツでは、チケットがあれば市内中の公共交通機関に無料で乗れるのに、臨時バス35分の乗車時間に350円は、高すぎじゃない?


で行った人も、離れた駐車場からシャトルバスを利用(こちらはもちろん無料)しなければならず、やっぱり無料のケルンの路面が恋しく思えました。とにかく、どこからシャトルバスが出ているのか、駐車場の出口はどこか、曲がったらどちら方面なのかなど標識が一切なくて、地元に住んでいてもわかりにくいのに、市外や県外の人は、たいへんだったろうと思います。

 

・・・というわけで、サッカー観戦に出掛けても、気候変動とか道路政策とかが気になる性分なのでした。


 

« 平和を願う日に全校で歌う「ムッチャンへの約束」 | トップページ | 神輿とチキリン太鼓 »

里帰り—生活」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。