無料ブログはココログ

« ミミズさん、ありがとう!−第2弾 | トップページ | 幼稚園の送迎をするお父さんたち »

2008年5月28日 (水)

ミミズさん、ありがとう!−第3弾

前回の続きです。二台の糞のトレーラーが空になったら、今度はふつうの土を掘っては子どもたちのバケツに入れます。子どもたちは、土の中からミミズやだんご虫などを見つけては手のひらにのせ、顔を輝かせながら代わるがわる見せに来てくれましたnote。ただ一人だけ、ミミズが可愛そうだと言ってさわれない女の子がいましたが、M先生の話では、最初に比べるとすぐそばまで近づけるようになったそうです。


最後に市販の腐葉土で表面をならして、お昼前には立派なミミズ王国が二ヶ所もできあがりましたhappy01。 


とても残念だったのは、休み時間に外で遊んでいるのに他の5クラスの女の先生や子どもたちが一度も見にこなかったこと。確かにそこら中牛や馬の糞が落ちていて近寄りたくなかったかもしれませんが、せっかくM先生がこんな素晴らしい企画をしたのでせめて他のクラスの子どもたちにも菜園造りを見せてあげてほしかった・・・weep


初めて幼稚園で半日を過ごしましたが、ホームスクーリングのお母さんが言っていたとおり(4月25日の日記参照)、M先生以外の女の先生たちは、子どもたちを外で遊ばせながら固まっておしゃべりばかりしていました。あちこちで、けんかしたり泣かされたりしているのにお構いなしで・・・これはショックでしたshock


ミミズの話に戻って・・・M先生は保護者に事前に、「当日は汚れてもよい服装で、スコップやバケツ、手押し車など家にあるものを持参してください」などと書いたプリントを配ってくれました。そのプリントには、pencilトビムシ、ハサミムシ、ワラジムシ、オサムシ、イシムカデの絵とそれぞれの大きさまで載っていました(3~4歳のクラスですよ、念のため)wink


教室の中ではこの数週間、ミミズ御殿の世話はもちろんのこと、こどもたちに草の下の土の中にいる生き物の絵を描かせたり、小さいドーナツ型のカラフルなシリアルをモール(針金の周りにいろんな色の糸が撚り付けてある)にたくさん通して美味しいミミズを作ったり、プランターに野菜の種を撒いたり、ミミズ王国造りに向けて準備万端でしたgood


このあと先週にかけて、ミミズ御殿からの引越しと保護者から提供された野菜の苗bud、それにクラスで種まきして発芽した野菜の苗budなどの植え付けが行われました。どんな野菜を植えたのかは、収穫まで秘密で~す。

« ミミズさん、ありがとう!−第2弾 | トップページ | 幼稚園の送迎をするお父さんたち »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミミズさん、ありがとう!−第2弾 | トップページ | 幼稚園の送迎をするお父さんたち »