無料ブログはココログ

« チベット‐2 | トップページ | 臨海学校のビデオ上映会 »

2008年4月17日 (木)

幼稚園の先生たち

幼稚園も小学校も、圧倒的に女性の先生が多くて、子どもたちからはなぜかドイツ語の「フロイライン(辞書を引くと、『未婚の女性に対する呼びかけ・敬称、お嬢さん』とでています)+名前」で呼ばれます。例えば、「フロイライン クラウディア」とか「フロイライン ザビーネ」とか。もちろん、既婚でも年齢にも関係なく。 


ところが、幼稚園の先生の中で唯一の男性、娘の担任のM先生だけなぜか「M○○○○○○」と、名前を呼び捨てにされるのです!不公平ですよね~pout


去年までC町の幼稚園は2箇所あり、1ヵ所は3歳から5歳までの混合クラスだけ、もう1ヵ所は年齢ごとに分かれたクラスだけ、となっていました。もっとも、3歳児だけのクラスを希望したのに、娘が3歳のときのクラスは3歳と4歳の混合クラスだったのです。3歳児は少なく4歳児は多くて、場所や人件費の事情でとのこと。担任は二人の女性で、一人は月火、もう一人は木金、水曜日は交互にという受け持ちでした。


ところが、今年からすべて一ヵ所に統合されて、5歳児は小学校入学の準備があるので混合しない、3,4歳は混合となりました。今の娘のクラスは、毎週火曜日と隔週水曜日は、M先生でなく女性のS先生が来ます。S先生は、今年は職を失うはずだったのを、M先生が給料の4分の1をあきらめて、S先生が辞めずに済むよう申し出たそうです。M先生に「家計は大丈夫?」と尋ねたら、「たぶんね、なんとか1年やってみるさgood


さてこのM先生、子どもたちと保護者(特に母親)の間で絶大な人気heart04があります。6分の1の確率でM先生のクラスになったら「ラッキーだったわね~!」と羨望の目でみられるほど!彼のクラス運営には、娘はもちろんのこと、私自身もとっても満足していますhappy01。先生たちは、その幼稚園に勤務している間は専用の部屋を持ち子どもたちが毎年入れ替わるので(小学校も同じ)、部屋の内装やものの配置など担任の個性に溢れています。M先生は、常に予備の長靴や衣類を用意しているので、親が持っていって置いておく必要はありません。ほとんどが木製など自然のものが多くて、なんとなくシュタイナー学校のような感じです。


では、ちょっとM先生のポートレートを紹介・・・スポーツ刈りかもっと短めの髪で左耳にピアス、黄色い縁の丸めがねsmileの奥の瞳はいつもにこやかな40代前半。ガーナ人の先妻との間の二人の子どもと3人暮らし。今は園児の母親の一人がガールフレンドheartです(不倫ではありません、念のため!)。町議会選挙のときは、ベルギーの緑の党Ecoloの比例リストにも載っていましたが、彼の順位までの議席数はとれず(わずか2議席)議員にはなれませんでした。


クラスの担任にはかなりの自由裁量権があります。9月の新学期以来、少なくとも4回は森の散歩に行ったし、園児の家の庭でたくさんのappleを収穫した後は、コックさんの格好をしてappleケーキを焼いたり、appleのコンポートも作ったし(3~4歳のクラスですよ、念のため!)、保護者との朝食会では、できる限りBio(有機栽培、これについてはいつか書きます)製品やフェア・トレードの製品(Oxfamなど)を調達してくるし、子どもたちは今ミミズと一緒に生活できるし、とにかくここまでエコなM先生と巡り会えて、ひたすら「ラッキーsign01」の一言です。また、分解した配線基盤などで子どもたちにねじ回しの練習をさせたりも・・・。市販の子供用に作られたプラスティック製「日曜大工道具」のようなおもちゃではなく、大人が使う本物を使わせています。


彼の息子はうちの息子のsoccer仲間なので、週末に泊まりにいった息子を迎えに行ったことがありますが、庭にはたくさんのニワトリとたち、それにたくさんの植物(特にいろんな果物の樹)が溢れていました。その上太陽光発電装置sunも備えており、徹底したエコ生活をしています。


わたしも、幼稚園時代にM先生のクラスになりたかったな~weep

« チベット‐2 | トップページ | 臨海学校のビデオ上映会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チベット‐2 | トップページ | 臨海学校のビデオ上映会 »