無料ブログはココログ

« てんとう虫の侵略 | トップページ | 子供用品リユース市 »

2008年4月12日 (土)

チベット

ドイツの公共放送の朝のニュース番組で、ドイツ人ジャーナリストが「これがチベットからの最後の報道です。これからチベットから出て行かねばなりません」と伝えてから、もう何日経ったでしょう・・・。


その直後にインドで仏教を学んでいるドイツ人の友人から、中国の国家主席にダライラマとの対話を求める請願書署名の依頼がきました。日本語もあります。
http://www.avaaz.org/jp/tibet_end_the_violence/


そして、今日友人の友人のブログにあったチベットに関する貴重な多くの情報を読んだので、ここでも紹介したいと思います。
ダライラマに10日間同行取材を許可されたという日本人によるドキュメンタリー映画
http://www.tibettibet.jp/


3月10日のダライラマのスピーチ
http://www.tibethouse.jp/dalai_lama/message/uprising49th.html


日本でチベットに関してどのような報道があるかわかりませんが、詳しい情報を知りたい方にお勧めします。
http://www.tibethouse.jp/about/index.html
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/

 

先週、ドイツの公共放送の政治番組では、中国人2名とチベット人2名による討論がありました。お互いに話し合ってみて、相互理解が深まったと、全員とても満足していました。

 

報道の自由や、真実を知る権利、そして対立ではなく対話が世界中で常識となりますように!そうすれば、人権侵害や戦争などなくなるはずだと思います。

« てんとう虫の侵略 | トップページ | 子供用品リユース市 »

政治・人権」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。